葉酸の効果って知っていますか?

 
葉酸の効果って言われると難しくないですか?
私も葉酸の効果って実はあんまり分かってなかったんですよね・・・苦笑
葉酸ってなんだか、あまり効果が分からないけど、妊婦さんには良い!みたいな印象ありますよね。

 

 

で、気になって産婦人科の先生に詳しく聞いてきました。
そして本も借りてきました。
この本が結構よくて、妊婦さんと葉酸の事について凄く詳しく書かれていました。
「赤ちゃんを元気にする栄誉の話し」という本です。

 

そもそも葉酸ってどんあ働きをするの?

 

葉酸は簡単にいうと細胞の再生を促進する働きがあります。
あんまりピントこないかも知れませんが、葉酸にはDNAなどの遺伝子のもとになる核酸という成分の
働きを促進する働きがあります。

 

この促進する働きには一体どんな働きがあるのでしょうか?

 

一番大切って言われているのが先天性異常を防ぐ働きです。
先天性異常ってあんまりどんな病気か分かりませんよね?

 

厚生労働省から言われているので「無脳症」「2分脊椎」
といった、病気のことです。

 

無脳症は文字の通り脳みそがない状態で産まれきますが大半が流産か死産です。
そして2分脊椎は、体の脊椎が飛び出してしまう病気の事です。
出産してすぐに手術が必要で歩行障害などが手術の後遺症として残ります。

 

で、なんでこんな症状になるかが、実は葉酸が不足しているからなんですよ。

 

まず、精子と卵子が受精をした時は、丸いまるでボールの中のような所に細胞が
つまっているだけです。この細胞がどんどんと細胞分裂を繰り返して大きくり、どんどんと人の形になっていきます。
細胞分裂して合体の繰り返しです。

 

でも上でも書いたように、葉酸の働きは核酸を促進させて細胞をどんどんと活発にさすことです。
逆に葉酸がなかったら核酸もできずに細胞が上手く作れません。

 

その結果細胞がどんどんと、できにくくなります。
その結果ミスコピーなどがうまれてしまうのが原因で妊娠してから6週目に人の中枢神経は
完成します。この中枢神経は最初はまるで板のような形でどんどんん円柱のような形になって
最後に筋肉と皮とついて、人に体の形へ形成されてきます。
しかし、葉酸がこの時期に不足していると、この円柱を作る時に、異常が出てしまい、
その結果「無脳症」「2分脊椎」などが起こります。

 

なのでとくに妊娠初期の葉酸摂取がとても大切と言われています。
とくに妊娠してから5週目6週目って自分がなかなか妊娠している事に気がつきません

なので、妊娠を希望した時から飲むようにしておくと、この大切な妊娠してから5週目まで
の期間に葉酸が不足しているって事を避けることができます